トイプードルの遺伝疾患について

 

ブリーダーは、繁殖している犬の番人と言われるように、
色々な点で、改良されていく繁殖であるべきと 考えております。
特に、健康面では、生涯健康で暮らせるように、苦しい遺伝疾患で悩む事が無いように
悪い遺伝子は取り除いていかなければなりません。
出来れば、欧米のように交配の前に 両親ともに遺伝子レベルでの、検査の結果を持って繁殖をする事のみ許されるようになれば、素晴らしい事だと思います。
遺伝疾患は計画的な繁殖で、無くす事が出来ます。
まずは、我が家のトイプードルから遺伝疾患の無い、犬創りを頑張っていきたいと思っております。そして、タイトルだけ持っているだけで高値で売買。小さくてお顔が可愛いだけで飛ぶように売れる。。。そんな時代に終止符を打ちたいと、願っています。

犬には色々な遺伝疾患がありますが、トイプードルで主に、
気になる遺伝疾患はPRAです。
まずは、当犬舎からの犬は、
PRA撲滅から始めたいと思っております。

 

 PRA (進行性網膜委縮症)
 劣性遺伝のため本人に症状が出なくてもキャリアーである可能性もあり、
なかなか手強い遺伝性の病気です。生まれてくる子犬は、両親から、
一つずつの遺伝子をもらいます。
生後半年から3歳くらいで発症し、ほぼ一年位で、失明します。
犬は、失明しても、嗅覚・聴覚に優れているためにさほど困る事無く生活するのですが、
出来れば、生涯ちゃんと見える目を持って生活させてあげたいですね。
PRAは、DNA検査をすることにより下記の3種に分類されます。

クリア・・・・・・・・・全く遺伝疾患遺伝子をもたない個体
キャリア・・・・・・・・遺伝疾患遺伝子を半分持つ個体PRAは、発症しないが50%の
確率で次の世代に遺伝子を残す。ペットとしては問題ない。
アフェクテッド・・・・・遺伝疾患遺伝子を二つ持つ個体。次の世代に必ず疾患遺伝子を
遺伝させる。繁殖からは、外すべきと考える。
PRAは、発症するとは限らない。
 
  遺伝子検査をお望みの方は、genetic technologies にご相談ください。


ロロピアジェの関連サイトのご紹介

ブログ仔犬情報ブログ

ブログ最新ケネルのブリーダーブログ

ヨークシャーテリア ブリーダーヨークシャーテリアブリーダー

ティーカッププードル ブリーダーティーカッププードルブリーダー


岩瀬典子

トイプードル販売
ブリーダー 岩瀬 典子

お問い合せ (080)3130-9073

メールはこちら